新潟競馬場周辺の宿泊事情。旅打ちに優しい旅館など。

画像はトキのつもりですがおそらくツルでしょう。

今回は新潟競馬場周辺のホテル旅館を調べてみました。一般には知られていないと思われる熱い宿泊プランが企画されていたりと発見がありました。

新潟競馬場の最寄駅はJR白新線の豊栄駅です。

JRAは直通バス(片道570円。往復1,000円)を新潟駅、新発田駅そして豊栄駅から出しているので、電車や高速バスを利用して新潟競馬場を訪れる旅打ちの人は新潟駅からバスを利用する場合が多いと思われます。

JRAの直通バスのせいで潜在的顧客を奪われているかもしれないと地元の旅館「長岡屋」が旅打ちの人向けの面白い企画を立てていますのでご紹介いたします。

(1)5名以上であれば競馬場まで送迎。

(2)予約していれば泊まる日に月岡温泉郷内の「美人の湯」という温泉の入浴券がもれなくもらえます。※旅館から温泉まで車で約15分。

(3) 宿泊日に万馬券を当てた場合にその的中馬券のコピーを提示すれば1枚につき大瓶ビール1本プレゼント。

(4)(3)のビールサービスは万馬券1つにつき1本ですから猛打賞ならビール3本プレゼントです!

以上4サービスを旅館のホームページを見たというお客に対して行っています。

長岡屋は豊栄駅から徒歩5分なので電車で遠征してきた馬券マスターの方々でも手軽に利用できると思います。

JRAのホームページによると、新潟駅から新潟競馬場までは直通バスで 35分かかるのに対して、豊栄駅からでは直通バス(料金調査中)で20分で到着します。

新潟駅から豊栄駅まで白新線を使って22分237円(IC利用)で約14分です。

豊栄まで一足伸ばして長岡屋を利用するだけで色々なお得サービスが受けられます。特に万馬券ハンターの馬券マスターはビール1本以上のプレゼントは確定ではないでしょうか。

旅館長岡屋のホームページへのリンクを載せていますので、詳細はそちらでお確かめください。

旅館長岡屋


次はちょっと一風変わった宿泊施設をご紹介します。

新潟東港港湾労働者福祉センター<コーワン・センター>

一般の人もちゃんと宿泊できる施設でスポーツの合宿施設にも利用されている様子です。

立地は豊栄駅からはかなり離れていて車で来た人でないと利用できない場所です。宿から新潟競馬場まで車で約4kmですから、車利用者にはとても便利な宿だと思います。

素泊まりが税込3,700円で、1泊2食付なら5,650円です。

面白いのは1か月以上宿泊すると宿泊単価が安くなり1日当たり1泊2食付税込5,350円で泊まれます。2か月以上なら同5,150円で泊まれます。

ということは安価な宿泊費で新潟競馬開催期間中ずっと新潟に滞在して馬券生活を営めそうです。これぞ滞在競馬ってやつです。

平日は何をするかなど考えなければならないことは沢山ありますが、お金と時間に余裕があってなおかつ馬券に自信がある人にとって魅力的な場所ではないでいでしょうか。どうでしょうか?


新潟競馬場へ遊びに行く際に宿泊施設を利用するときのための情報を連携ホームページに追加しました。

新潟競馬場周辺ホテル,旅館,温泉情報

これで過去2回のエントリーと合わせて主な宿泊施設はご紹介できたと思います。

8月の新潟競馬は万全の態勢を敷いて黒字収支といきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top