Open post

Winkの相田翔子さんが大井競馬場へトゥインクル!Twinkle!

久々にTCKしました。メインレースは帝王賞ですがこの日のメインは相田翔子LIVEステージでしょう。

2017年度東京シティ競馬のテーマソングは23年前に使用した「Twinkle Twinkle」をリメイクして起用。2017年TCKのイメージキャラクターに抜擢されたオリエンタルラジオのラップと低音ヴォイスを加え、Winkの相田翔子さんがソロで歌う形で復活しました。

23年前の原曲は当時の時代を思い出させてくれる素敵な曲で、今回の新しい曲はきっと2017年を思い出させてくれる曲になる事でしょう。

9レース終了時。黄昏少し前の大井競馬場。直前にノルマンディーOCのブラックヘルトが門別競馬場で走るという事で、ふるさとコーナーでブラックヘルト1着固定の馬券を買ってモニター観戦。勝てるレースを取りこぼしたように見えたのは馬券が外れたからか、ブラックヘルトは2着。当てて気分を良くしてからライブを見たかったのですが仕方ありません。

ステージはふるさとコーナーを降りた所。ぎっしり詰めかけたファンの年齢は私より一回り上っぽい人たちばかり。きっとWink全盛期の熱烈なファンだったのでしょう。始まる直前に周りを見渡すと四方八方人で埋まっていました。

ライヴ開始前に原山実子さんが撮影と録音禁止など一通り注意事項を説明し、いよいよ相田さんがTwinkle Twinkleの唄を歌いながら登場。アップテンポのメロディーと藤森君のトゥインクルトゥインクルの合いの手(※録音)が場のテンションを上げます。Twinkle!Twinkle!

さて相田翔子さんが歌い終わると、オールドファンが待ってたとばかりに

「しょうこちゃーーん!」

の掛け声。すかさず相田さんはファンに手を振ってご挨拶。阿吽の呼吸で成り立つ様式美を見せつけられ、日本はまだ大丈夫だと思いました。

相田翔子ライブ 客

相田さんは撮影禁止なので観衆を撮影。どうですかこの集客力。平均年齢は中々高めです。

相田翔子ライブ モニター

翔子さんを撮影する事は禁じられていたのでモニターを撮影。3号スタンドが無くなりふるさとコーナーからモニターが見えるようになりました。

ライブステージを通じてバブル時代のエネルギーというか開放感を疑似体験できたような気がします。

バブル時代と南関競馬全盛期を重ねた企画はウケるんじゃないですか?まだまだ地方の競馬場には昭和を感じさせる建物が残っていますし、あの時代に流行った何かでイベントをすれば当時を謳歌していた人たちを元気づける事ができると思います。

話は変わり帝王賞は福永祐一騎手騎乗のケイティブレイブが優勝しました。福永騎手がインタビューで初めて買ったCDが「寂しい熱帯魚」だったと話してくれ、昭和てんこ盛りの帝王賞となりました。

 

 

Open post
JBC大井 トークショウ

JBC2015観戦記 大井競馬場当日の様子

まーつりだ、祭りだ、祭りだ、けいばーのまーつーりー。

北島三郎さんが、菊花賞の表彰式にて、かねてから公言していた自曲をその場に合わせたアドリブを加えて熱唱し、京都競馬場を訪れたファンを大いに楽しませてくれました。

淀の菊祭りの次は、大井で地方競馬いや日本ダート競馬のお祭りです。

本日大井競馬場ではJBC3競走が行われます。

安藤勝己氏、鈴木淑子氏ら人気競馬タレントの来場のほか、全国からうまいもんが集まり、お祭りらしい1日になっています。

JBC2015 大井

11月1日にオープンしたG-FRONT(ジーフロント)スタンド前には既に競馬に取り組むファンが頑張っています。

JBC 大井 自由帳

場内に自由帳を開設。中央競馬では思いつかない自由な発想は素晴らしい。

皆、思い思いの思い(笑)を書いています。JBC応援メッセージの自由帳ですが的場文男さんを応援する声が大きい。大きな声で言えませんが文男さんはJBCには乗りませんよー。

全国うまいもん祭り 大井

大井競馬場には全国うまいもん祭りとして、全国各地のグルメが集まっています。お昼時はにぎわっていました。

大井競馬場のうまかった広場という場所でトゥインクルナイター開催時にも全国名物グルメのお店が出店していますが、今日はそれとはまた一味違う盛り上がりを見せています。

うまいもん祭り 大井 牛タン串

牛タン串。コリコリした食感とスパイシーな味付けが露店らしい。昼間っから肉の串にかぶりつく事は滅多にありません。お祭り感が高まります。

うまいもん祭り 大井 イワシのつみれ汁

イワシのつみれ汁。具の彩りが鮮やかなので、見て楽しめる一品です。青ネギがアクセントに効いています。

大井競馬場 4号スタンド

いつもの場所の見慣れぬ光景。

大井競馬場のベテランたちが集う4号スタンドが陽光を浴びて少しだけ健全な場所に見えるのが趣深いです。

それと普段の4号スタンドはL-WINGと比べると落ち着いた場所で、静かに競馬を楽しむ人の社交場なのですが、この日はWINSのような騒々しさです。

大井競馬場 1600m スタート地点

大井競馬場1,600mスタート地点が目の前に。昼間開催だから普段以上に間近に感じます。

発走前の輪乗りをしている姿を見たら中央競馬しかしない人はこの臨場感にテンションが上がることでしょう。かつて私もそうだったと大井では普通は見られない青空に視線を。

JBC トークショウ

トゥインクルステージはいつも以上に華やかです。

日本の競馬タレントの草分け、鈴木淑子氏はいつまでも華がありますね。今日のような大イベントには絶対来てほしいタレントの1人であります。

そしてもうお一方はは地方競馬と中央競馬で数々の記録を打ち立て、引退後はテレビやツイッターで軽妙かつ的確なコメントでファンから支持を得ている安藤勝己氏です。

お二人とも中央競馬の専属タレントのような状況で、地方競馬では中々見られないトークショウに場内はとても盛り上がっていました。

さてレースは中央勢が上位を独占して終了。来年は川崎競馬場で開催と南関の競馬場が続きます。

Open post

大井競馬場の新スポット・うまかった広場のグルメは手ごわいゾ!?

大井競馬場のトゥインクルレースは先月から始まっていますが、2015年度の第1回開催は4月6日(月)からになります。

今年のキャッチコピーは「夜は、いい夢みませんか」。タレントは斎藤工氏に剛力彩芽さん。お金をかけて更なる人気アップを狙っています。

さてトゥインクルナイターの楽しみといったらグルメは見逃せません。

2015年度は2号スタンドの工事の影響か、昨年あった東京トゥインクルバールが無くなりました。

その代わりに「うまかった広場」という新しいグルメスポットが誕生しました。

うまかった広場

こちらのグルメスペースでは常設店舗2店舗、期間限定店舗3店舗でB級グルメが楽しめます。3月16日~20日の開催時は、広島焼き、牛串、唐揚げ、どれも美味しそうなお店が出店していました。今後の開催も非常に楽しみです。

大井競馬場 うまかった広場 ぶっかけラーメン

写真は常設店舗のぶっかけラーメン。あの「ふか河」が場所を変えて再登場です。

うまかった広場については連携ホームページ「大井競馬場グルメ特集その5」でも取り上げています。

それ以外のグルメ情報に関しても連携ホームページ内に載せています。

大井競馬場グルメ特集その1

大井競馬場グルメ特集その2

大井競馬場グルメ特集その3

大井競馬場グルメ特集その4

宜しければ一度立ち寄ってみてください。

 

Open post

首都高速中央環状線の経済効果を競馬の観点から考えてみる。

2015年3月7日、首都高速中央環状線の大橋ジャンクションと大井ジャンクションの間が開通しました。

これまで東京の多摩エリアに住んでいた人が大井競馬場へ遊びに行くには、まずは青梅街道、甲州街道などを通って環状七号線(通称:環七)まで東進し、そこから大森付近まで南下しなければなりませんでした。

このルートはトゥインクルナイター開催時は渋滞の酷い時間帯と重なるので、環七の大渋滞に長い区間お付き合いしなければならないキツイルートでした。

この度大橋jctと大井jctがつながったことにより、中央自動車道、首都高速新宿線、首都高速中央環状線を乗り継いで大井競馬場まで行けるようになりました。

果たしてどこまで快適に大井競馬場まで行けるのか、実走して確かめてみました。

高井戸IC

さてさて高井戸ICから首都高4号新宿線にINです。

高井戸~新宿間は朝以外は流れている事が多いので、この区間はいつも通りの順調さでした。

首都高 新宿線 新宿jct

新宿jctを右に曲がります。ほんの数年前にはこのjctは存在しておらず、右にも左にも行けませんでした。東京の開発スピードは速いです。

首都高 中央環状線 五反田

以下地下を法定速度で爆走。トンネル内の景色は上の画像を見てお分かりのように、何も見所が無く、しかも映りが悪いので省略します。

交通量は少なく渋滞知らず。これはいいですね。

カーナビにはこの高速道路は反映されていないので、ナビ上では山手通りを時々コースアウトしながら凄いスピードで爆走している事になっています。

なお大橋と大井の間にある出入り口は五反田のみです。

首都高 大井ふ頭

さて地上に上がると見えてきたのは大井ふ頭でしょうか。港湾らしい景色が見えてきました。

さらに進むと白く長いものが列を作っています。何でしょうか。

首都高 新幹線 大井車両基地

なんと新幹線の車両基地です。珍しいものを見ることができて興奮です。

ここからすぐに出口で、後は一気に大井競馬場まで。信号の兼ね合いで、この後の写真は撮れなかったのですが、出口を降りて1つ目の信号を右折し、その道を直進すればもう大井競馬場が左手に見えてきます。

所要時間は自宅から40分足らず。これまで1時間30分かかる事もあったので、半分以下に短縮しました。これだったら高速代を払って乗る価値はありますね。

アクセスが楽なら大井競馬場で遊ぼうかという人は増えるかもしれません。 経済効果はありそうです。

課題は帰りはどこのICから乗ればよいのかまだ分からない事。

ですがTTFのお見送りコンサートを見終えて帰る頃は環七も空いているので問題なさそうです。

 

 

Open post

2014年最後のトゥインクルナイター開幕。残り5日間悔いの無いよう夜遊びしようぜ!

2014年11月24日から28日の5日間、大井競馬場では今年最後のナイター競馬が行われます。

今年最後なら大井競馬場へ行っておくかという人のために大井競馬場の見どころ、楽しみどころを選んだサイトを紹介します。リンク先から該当ページへ移動できます。

大井競馬場トップページ

大井競馬は開催週の水曜日に重賞競走を行っています。

来年以降を見据えて大井競馬の重賞競走が気になる方はこちらのぺーじへ。

→レースコース概要へ移動する。

東京の夜は歌舞伎町、赤坂、六本木、銀座だけではありません。大井で競馬をして熱く燃え上がれ!!
レースの白熱ぶりはもちろんの事、場内の至る所で出店がおいしい料理を振る舞ってくれます。
場内を歩いているとまるでどこかの夏祭りに遊びに行った気分になれます。

パドックが気になる人は
→場内散歩その1へ移動する。

大井競馬場の洒落たスポットはこちら
→場内散歩その2へ移動する。

築50年以上?昭和の趣を味わいたい人は
→場内散歩その3へ移動する。

大井競馬場のイベントが気になる人は
→場内散歩その4へ移動する。

大井競馬の顕彰馬など過去の名馬が気になる人は
→場内散歩その5へ移動する。

大井競馬場内馬場特集

大井競馬場には内馬場があり、そこは幅広いファンが満足できる場所です。

内馬場では夏季限定でバーベキューが楽しめます。肉を焼いて食べて馬券を当てて。何とも贅沢な夜じゃないか。

内馬場の一般的な話を知りたい人は
→内馬場行こうゼ!その1

→内馬場行こうゼ!その2

→内馬場行こうゼ!その3

内馬場のマニアックな場所を楽しみたい人は
→内馬場行こうゼ!その4

お洒落なお店からこれぞB級グルメ店といえるお店まである大井競馬場の飲食店は守備範囲の広さが特徴です。

街でお馴染みファストフード店は充実していますし、大井競馬場にしかないお洒落なお店も揃っています。
そして地方競馬場グルメの目玉のB級グルメもてんこ盛り。

街で見かけるお店とお洒落なお店を知りたい人は
→大井競馬場グルメ特集その1

期間限定全国のうまいもん、洒落たバー形式のお店を知りたい人は
→大井競馬場グルメ特集その2

コテコテB級グルメ。人情豊かなほっこりフードが食べたい人は
→大井競馬場グルメ特集その3

→大井競馬場グルメ特集その4

帝王と呼ばれるヒーローが大井にはいます。的場文男騎手のご活躍を一方的な好意を持ってお伝えします。

→大井の帝王 的場文男へ移動する。

東京へ出張のビジネスマンにも役立つ宿泊施設。

羽田空港、新幹線品川駅へのアクセスが良い大井競馬場。その周辺の宿泊施設は競馬ファンだけでなくビジネスマンも使えそうなホテルが沢山あります。

→大井競馬場周辺ホテル、旅館、温泉情報へ移動する。

Open post

2014年度のトゥインクルナイターは残り2開催。細かすぎて伝わらないモノマネで有名なアナログタロウさんがTCKで披露してくれたネタをアップしました。

2014年度のトゥインクルナイターも残すところ2開催となりました。

トゥインクルナイターでは1回だけの特別イベントと、毎開催行われるレギュラーイベントの2つがあり、レギュラーイベントの1つに、おーい笑(しょう)タイムというものがあります。

おーい笑(しょう)タイムとは主に首都圏で活動しているコメディアン(いわゆる関東芸人)が、東京トゥインクル・バール特設ステージで芸を披露してくれるイベントです。

十中八九は見た事も聞いた事もないコメディアンなのですが、たまにテレビで見かける人が出演している事があります。

おーい笑(しょう)タイムは無料ですから、ファンになった芸人が大井競馬場に来ている時は、競馬をやらない人も足を運んでみてもいいかもしれません。

こちら、細かすぎて伝わらないモノマネで有名なアナログタロウさんが大井競馬場でネタを披露してくれた時の動画です。

アナログタロウさんのプロフィールを簡単に。

芸名     アナログタロウ

生年月日  1973年8月28日

出身     東京都

身長180cm 体重62kg

血液型    AB型

所属事務所 トップ・カラー

受賞歴    細かすぎて伝わらないモノマネ選手権第15回優勝

アナログタロウさんの持ち芸に倣えば、アナログさんは芸人になる前は会社勤めを6年間していたそうですー

おーい笑(しょう)タイムはまだブレイクする前の芸人が沢山出演しているので、お笑いに興味のある人で、将来売れそうな芸人を青田チェックするのが好きな方は大井競馬場に足を運んでみてください。

因みに今開催のおーい笑(しょう)タイムに出演するのは、

11月12日(水)18:05~ ガーリィレコード

11月14日(金)18:05~ 盗涙王

です。

どちらも見た事も聞いた事もない芸人さんですが、おそらく一所懸命芸を披露してくれると思います。

Open post

地元目線がよそ者目線では思いつかないサービスを生み出す。

大井競馬場では年末6日連続開催中に楽しいイベントが次から次へと繰り出されていて、12月30日(月)も大小合わせて17という、とても多くのイベントが行われます。

その中に、全国の美味しい食べ物の販売と全国の人気ゆるきゃらが集まるイベントがあります。

全国からヒト、モノ、サービスを受け入れてきた東京らしい企画ですよね。

東京っ子が地元目線で考えた末に思いついたサービスではないでしょうか。とても楽しそうです。

川崎、船橋、浦和の各競馬場は東京と同じ生活圏の中にあるわけですが、不思議と全国から○○を集めるような企画はありません。その代わり、地元の名産やゆるキャラという魅力あるサービスでもてなしてくれます。

振り返ると、これまで経験してきた良いサービスの源流を辿れば、地元目線を感じられるものが多いように思います。

見方を変えれば、商売でも会社の仕事でも、良いサービスを生むためには地元目線が欠けていてはいけないのかもしれません。

他地域の業績を上げるために、東京本社の決めた方針・アイディアに従わせても上手くいかないといった話が多いのは、地元目線の欠けた方針・アイディアだからかもしれません。

Open post
大井競馬場 4号スタンド ドリンクコーナー

大井競馬場 グルメ特集001

馬券の難しさは全国1,2を争う大井競馬。馬券が当たらず腹を立てている時は胃袋を満たして心を整えたいですね。

今回は4号スタンド1Fにある立ち食い食堂の幸福堂さんのメニューを紹介してまいります。

大井競馬場 グルメ カレーそば

カレーそば。多くを語らなくても美味いことは誰もが知っている王道グルメ。

ここのカレーライスが妙に美味しいので、カレーそばも美味しいだろうと思い注文。こちらの期待に応えてくれる納得の味でした。人気馬の馬券を買って外した後だと普段より美味しく感じます。

カレーライスのトッピング用としてカウンターに福神漬けが置いてあり、店の大将に福神漬けを入れてよいか尋ねると快諾してくれたのでドバっと入れてみました。これまた合います。

大井競馬場 4号スタンド ドリンクコーナー

カレーそばを食べた後は4号スタンドの入り口付近にあるドリンクコーナーで水分補給を。

幸福堂にも冷水機がありますが、このドリンクコーナーは中央競馬と同じく冷水からあたたかい緑茶までが無料で楽しめます。

因みにこのドリンクコーナーの使いこなし具合で大井競馬場の初心者かどうか分かります。それはどう意味なのかここでは申し上げませんが、中央競馬と同じ感覚で利用すると周りから冷ややかな目で見られるかもしれません。

大井競馬場 グルメ 辛口四川ラーメン

辛口四川ラーメン。

どこかで食べた事のあるような辛口ラーメンです。絶妙なジャンク加減がやみつきになります。

白ネギ、メンマの脇役がきっちり役目を果たし、メインの具たるチャーシューがインスタントラーメンのようなちゃちなものでなく、それなりに存在感を示しています。

美味さのポイントは辛口スープと麺のコンビネーションです。

大井競馬場 グルメ 合いがけカレー

合いがけカレー600円です。

このカレー、普通のカレーに牛すじまたはもつ煮込みをトッピングできるカレーです。

大手カレーチェーンとはまた違った良さのあるカレーライスです。

幸福堂さんでしか味わえないカレーライスです。品川区オンリーのメトロポリタンなグルメです。

大井競馬場 グルメ やきそば

競馬場の焼きそばといえば川崎競馬場の焼きそばが圧倒的に有名で、次いで船橋の高清が人気というのが南関グルメファンの評価ではないでしょうか。

私も全く同感ですが、まず川崎次いで船橋、というと大井競馬場の焼きそばがいまいち美味しくない印象を持たれるのではないかと不安になります。

実は大井競馬場の焼きそばも独自の美味しさがあります。

味はまるで醤油焼きそばのようなさっぱりした味わい。揚げ玉(天かす)がコクと食べ応えを与え、定番の紅ショウガが清涼感をもたらします。

川崎の過剰な辛さ、船橋の出血大サービスの価格と量に比べると、大井はバランスよくまとまっている印象です。

いつ来ても食べたくなる美味しさなので、よかったらお試しください。

Scroll to top