Open post
さきたま杯 トークショウ 藤川京子

上半期の浦和納め。ちょこっと旅打ち、浦和競馬場さきたま杯観戦記

5月に真夏日を記録し天気は夏へ一直線です。浦和競馬場ではJRA交流重賞さきたま杯JpnⅢが行われました。

こぜにちゃん

黒糖ドーナッツのような褐色のボディーをしているのは行田市のゆるキャラ、こぜにちゃん。由来は小銭ではなく行田ゼリーフライというご当地グルメから来ています。

ゼリーフライは、おからを中心に、じゃがいも、ねぎ、ニンジンといったコロッケに入れる具材を一緒に丸めて油で揚げたお惣菜です。小判の形に似ていることから、はじめは「銭フライ」と言われていましたが、それがなまって「ゼリーフライ」となり、現在に至ります。

ゆるキャラの「こぜにちゃん」の名前の由来は、おそらく、小判+ゼリーフライ→こぜにちゃん、ではないかと。

相方に行田フライの化身「フラべぇ」というキャラがいるそうですが、浦和競馬場にはお見えにならなかったようです。

競馬場では小銭にとどまらず大金をがっぽし稼ぎたいですね。

さきたま杯 トークショウ 藤川京子

場内ではさきたま杯の予想大会が催されていました。

話し手は藤川京子さんという競馬ジャーナリストでシンボリルドルフの強さにディープなインパクトを受けて競馬に嵌ったそうです。私とひと周り以上年季が違うかも。

さきたま杯 忍城

とここで突然行田の忍城より成田家の勇猛果敢な武将が出陣!忍城おもてなし甲冑隊です。

その前にそもそも忍城って何ぞ?

公式サイトによると、忍城とは1469年~1486年(随分幅がある・・・。)に築城されたといわれる城です。築城当時の城主は成田顕泰(なりたあきやす)という武蔵武士のひとりで、その後親泰、長泰、氏長と4代にわたり成田氏が忍城の城主であったと言われています。

上杉、北条との戦いにも落城せず、石田光成の水攻めにも耐え、関東の七名城と謳われています。因みに、忍城と書いて「おしじょう」と読みます。しのびじょうではありません。

そうかぁ。上杉、北条、石田の攻めにも耐え抜いたのだから、さぞ立派な軍だったのだろう。その成田家の勇猛果敢な武将が浦和競馬場に出陣します。平和の世になりましたが、その当時の武将を想起させる演舞を披露してくれました。

さきたま杯 忍城 成田家02

うううりゃぁっ!迫力ある演武からの、

さきたま杯 忍城 成田家

ゆるきゃら乱入という混沌とした流れ。

平和な世の中になった事を感じる1日でした。そういえば戦後70年なんですね、今年。

 

 

 

Open post

ゴールドカップ観戦記 浦和競馬

観戦記といっても画像1枚載せるだけのささやかなものです。

上の画像に載っているゆるキャラは埼玉県のマスコット「こばとん」といいます。県の鳥シラコバトをモチーフに地元高校生のデザインを基礎に制作し2000年に誕生したそうです。同ホームページにコバトンのPRが記載されているのですが、その内容は見事な自画自賛です。

13年間どこへ行っても大人気で、スペースシャトルに乗ったり、小惑星の名前になっているそうです。前段はともかく後段の実績は凄いですね。全然緩さを感じさせない設定はいいのでしょうか。

一方左側の緑色は公式サイトの情報によると「ヌゥ(つなが竜ヌゥ)」という空想上の生き物だそうです。ゆるキャラの全ては空想上の生き物ですから公式サイトは空想上を強調したかったものと思われます。

現在はさいたま市PRキャラとして活動中だそうです。埼玉県にある見沼だんぼという田んぼの主の子孫らしいですよ。

 

Scroll to top